2006年09月10日

アカラスとの戦い!

小梅は8月の上旬から「アカラス」による皮膚病の治療を行っています。「アカラス」はネットで調べてれば調べるほど、かなり厄介な病気であることを実感しました。また獣医さんも決して楽観的なことは言いません。病院に連れて行くたびに帰りは涙々で帰ってきます。

本来幼犬の頃に発症したのなら、本人(本犬?)の免疫力と薬でかなりの高い確率で治るらしいので、現在8ヶ月の小梅なら治療により良い方向へ向かうはずなのですが、小梅はアカラスの量がかなり多いらしく、現在もアカラスによるハゲが増えています。

アカラスはとても厄介な病気なのに、自覚症状がほとんどないらしく、(ハゲのところが細菌感染などでただれちゃったりすれば別ですが・・・)かゆみのなく、食欲も旺盛なのが、嬉しくもあり、可哀想でもあり・・・。

もうすぐ2回目の全身の薬浴を行います。強い薬なので舐めないように全身麻酔をして治療を行います。朝に病院に預け、夕方迎えに行くのですが、麻酔から醒めてボォーとしていても、私たちを見つけると大喜びで迎えてくれます。でも家に着くと安心するのか、おとなしくウトウトしているのが2、3日続きます。いつもは元気一杯の小梅がおとなしくゲージで犬饅頭になって寝ている姿を見ると涙が出てきます。このブログを書いていても、また涙が出てきてしまいました。

毎日毎日小梅が治るように家族みんなで祈る日々です。




ひざは一番最初で一番大きいアカラスによるハゲ。今は少し毛が生えてきました。ゆびの所にもハゲがあります。
akarasu.JPG

posted by 3おママ at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 小梅の闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23548134

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。